自然災害調査士とは

自然災害調査士は、自然災害の被害に対応するための調査・助言を行う専門家です。一般社団法人 全国自然災害家屋調査協会が登録します。

昨今頻繁に起こる自然災害による被害にまつわる問題を、専門的知識を持って適切な調査をする業務に従事する者(民間で活躍する自然災害家屋コンサルタント)としての位置づけを目的としております。

自然災害調査士の役割

 自然災害調査士は、民間、企業の自然災害と思われる被害を先ず専門的知識をもって、策定した基準に従い調査します。

その調査内容によっては認定書の発行を、自然災害診断士に確認依頼の後、一般社団法人 全国自然災害家屋調査協会に依頼を行います。

また自然災害による被害の修繕においては具体的な活用支援を行います。

その調査やその後の環境の変化を踏まえた支援も行います。このため自然災害調査士は、専門的知識・能力の適切な活用とともに民間、企業、行政等のパイプ役を担うとともに適切な施策の活用まで、幅広い活動に対応できるような知識と能力が求められます。

自然災害調査士の業務

自然災害調査士の業務は、民間、企業の家屋の自然災害による被害の調査及び助言が主な業務です。

また、自然災害被害と経年変化の現状分析を踏まえた適切な判断とアドバイスも主な業務となります。自然災害調査士は、その能力と知識を活かし幅広い活躍をしています。

調査士を取得した方の主な職業

不動産会社、建築会社や工務店に勤務している方が多く取得しており、ご自身の業務に調査士の知識を役立てています。

また、建築士、屋根診断士などの資格を既に取得した方も、さらなる業務の幅を広げるために自然災害調査士を取得されています。

<取得した方の主な職業>
建築会社、リフォーム会社、工務店、不動産会社、保険代理店、主婦 など

<取得した方の主な資格>
一級、二級建築士、屋根診断士、外壁診断士、土地家屋調査士、不動産鑑定士、宅地取引主任者 など

自然災害調査士認定試験

自然災害調査士になるためには、自然災害調査士認定試験の受験が必要となります。

当協会のホームページより自然災害調査士のお申し込みをしていただきますと、教材と認定試験のご案内がお手元に届きます。届いた教材を学習していただき、教材の内容を身につけた上で認定試験を受験してください。

認定試験に合格後は、資格認定、当協会員登録手続きを経て自然災害調査士としての活動が可能となります。

また当協会の協会員専用のページにログインできるようになります。協会員専用ページでは、最新の情報や、その他、協会員に必要な情報をご確認いただけるようになっております。

▽自然災害調査士テキストサンプル▽

  • 自然災害調査士テキスト1
  • 自然災害調査士テキスト2
  • 自然災害調査士テキスト3
  • 自然災害調査士テキスト4

試験のお申込み

 資格要項と取得までの流れを確認頂き、こちらのボタン、または当協会ホームページよりお申込みください。

試験要項資格取得までの流れ

お申込みはこちらから自然災害調査士認定試験

NEXT >> 調査士の活動内容