罹災証明書

防災

被災者の生活支援に重要度大!罹災証明のための被害認定調査

住宅ローンで家を購入した直後、家が洪水で流されてしまった。このような経済的損失を国が支援してくれる制度が「被災者生活再建支援制度」その制度を活用するため、調査員が各家々を回り被害認定調査を行います。その判定基準を紹介します。
防災

もしもの時に役立つ罹災証明書!申請方法から内容まで一挙紹介!

地震や台風、火災と災害にあった時には、どうしても国や自治体に頼らないと、個人の力は限界があります。公的な支援を受けるときに必ず必要となるのが証明書。そのなかでも、知っておいて欲しいのが、罹災証明書。その中身をしっかり解説します。
防災

大規模災害から被災者の生活再建を応援する支援策を知ろう!

大規模な災害に見舞われると多くの資産や、最悪の時には、命さえ落としてしまうこともあります。こうした万が一の時には、それを支える、様々な支援や制度があることを知っておきましょう。被災後、生活再建のための知識を紹介していきます。
自然災害調査士

不動産・建築会の新しい資格【自然災害調査士】について詳しく説明

 不動産でしたら不動産鑑定士、骨董や絵画でしたら美術鑑定士など、資産や物の価値を見定める資格があり、他にも古民家鑑定士、米・食味鑑定士や相続鑑定士など、新しい鑑定士の資格も年々新設されています。  それぞれの資格を取得すれば、その分野...
自然災害調査士

自然災害被害の鑑定士「自然災害調査士」

 不動産でしたら不動産鑑定士、骨董や絵画でしたら美術鑑定士など、資産や物の価値を見定める資格があり、他にも古民家鑑定士、米・食味鑑定士や相続鑑定士など、新しい鑑定士の資格も年々新設されています。資格を取得すれば、その分野の専門家として活躍が...
協会からのおらせ

設立から1年、熊本での活動とともに「自然災害調査士」も増加中

 一般社団法人 全国自然災害家屋調査協会(神奈川県横浜市)は昨年3月に設立して以来、取得者数も5割増加(2017年5月)し、一級建築士、工務店勤務の方や主婦に至るまで様々な方が現在活躍中です。また、熊本地震で被害の大きかった益城町にて「被災...
スポンサーリンク