自然災害調査士

防災

CtoCボランティア募集で、被災者支援をWEBサービス「スケット」の紹介

2020年1月から始まった、「スケット」というWEBサービス。CtoCビジネスを、ボランティアに活用し、支援の輪を広げていく。今後も増えるであろう、災害に対して、大きな期待を寄せたい。
防災

東日本大震災の教訓を活かそう。災害時、福祉避難所の役割と運営方法

災害時には、要配慮者への支援は欠かすことができないし、そのための準備も必要不可欠。過去の災害における課題を受け、内閣府が作成したガイドラインは、私たちの防災に対する認識を深めるために大切なものである。
防災

事業者の防災対策とは?期待される防災経済コンソーシアムの役割

防災経済という言葉は、「経済活動においても防災をしっかり行う」という意味を込めた造語です。共通理念の下、自主的に活動するコンソーシアムについて、解説していきたい。
防災

逃げ地図とは?込められた想いと可能性を知り 防災意識を高めよう

地図、色鉛筆、紐があれば、簡単に作成可能な逃げ地図。この逃げ地図に秘められた、防災についての可能性を、ぜひとも知ってもらいたい。自らの命を守るためには、防災意識を高めることが、何より重要だ。
防災

これらの防災体制に必要不可欠。ISUTチームの行動体制を知ろう

「役立つ情報を、より早く」国のISUTチームが、災害において活躍している。災害情報を地図化して、災害現場の迅速な行動判断を促す。情報が大切なこれからの時代に、なくてならないISUTチーム。今後の活躍に期待が高まる。
防災

災害時外国人情報支援コーディネーターの役割と実例を紹介します

「おもてなし」の国、日本。平時ではもちろん、有事の際でも、人を思いやる心は忘れてはいけない。外国人が被災した時の対応や体制について、国を挙げて取り組んでいる制度を紹介していく。
防災

Lアラートとは?災害情報をより迅速、確実にできる仕組みを知ろう

Jアラートは、聞いたことがありますが、Lアラートとは、聞いたことがない人が多いはず。災害時、地域住民にとって欠かすことのできない、この情報システム。その概要を知り、防災意識を高めよう。
防災

とるべき行動に必要な情報とは?防災気象情報を詳しく解説します

防災の三つの柱、「公助」「共助」「自助」私たちの防災に対する意識は、日々高めていく必要があります。「自助」が、防災の要となってくるために、必要な情報をどう入手すべきか、考えていきましょう。
防災

防災と人工知能の関係とは?すでに始まっている活用方法を知ろう

人工知能は私たちの生活の中に、日々、入り込んできている。この人工知能の能力が、いよいよ防災、減災にも活用されだした。防災による人工知能の活用を知り、より効率的な防災を心掛けたい。
防災

「おもてなしの国」日本の外国人への災害支援、3つの取組を紹介

災害時、どう被害を最小限に食い止めるかは、「共助」にある。多くの外国人がいる日本において、言葉の壁、伝達ツールなど、多くの課題を果たしていくことが、日本は安心な国という信頼にもつながる。私たち日本人は、普段から何を意識すべきか、その答えも伝えていきたい。
タイトルとURLをコピーしました