自然災害調査士

屋根の最低限知っておくべき基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 材質の違いはありますが、屋根は雨・風・陽射しなどから、私たちの生活を守る大切な役割があります。屋根が破損すると雨風が家屋内に侵入し、生活が脅かされます。自然災害調査士は屋根の構造を知っておくことで、どのように修繕・メンテンナスした方がいいか判断しています。

屋根の形状

屋根には様々な形がありますが、大きく分類すると代表的な5種類に分かれます。

切妻屋根(きりずまやね)

棟(むね)を頂点としてその両側に2つの斜面がある山形の屋根です。別名真屋(まや)。

寄棟屋根(よせむねやね)

勾配のある4枚の屋根面で作られた屋根です。現代的な屋根であり、和洋とわず都市型住宅にも使われています。

陸屋根(りくやね or ろくやね)

屋根面がほぼ水辺の屋根です。雨水をドレーン(管)で流すために、ゆるやかな勾配があります。

片流れ屋根(かたながれやね)

屋根面が棟から、屋根の吹き下ろした先である軒(のき)まで一方的に斜面となっている屋根です。

方形屋根(ほうぎょうやね)

上から見ると正方形になっている屋根です。

屋根各部所の名称

建物の頂上、水平になっている部分です。棟のカバーを棟包(むねづつみ)、または棟板金(むねばんきん)といいます。

降棟(くだりむね or さがりむね)

棟から屋根の勾配に沿って軒先に造った棟が降棟です。

破風(はふ)

妻面に出来る三角形の部分が破風です。屋根の妻側の造形のことであり、切妻造りや入母屋造の屋根の妻側には必然的にあり、妻壁や破風板など妻飾りを含みます。

けらば

屋根の端が下がっている側の端が、けらばです。

屋根と屋根の接合部にできた谷部分を谷と呼びます。

平(ひら)側

建物の側面のうち、幅が広い方が平側といいます。

妻(つま)側

建物の側面のうち、狭い方が妻側といいます。

破風板

一般的な家屋でからばについていつ板を破風板と呼んでいます。

屋根を構成する構造材について

垂木

軒から軒先に向かって使う野地板を受ける箇所です。

棟木、母屋(もや)、軒桁(のきげた)

屋根を支え垂木を受ける箇所です。

小屋束(こやづか)

棟木、母屋を受ける柱です。

小屋梁(こやばり)

小屋束を受ける箇所です。

瓦屋根を構成する構造材について

棟で使われる瓦

鬼瓦、冠瓦(かんむりがわら)、のし瓦、巴瓦(ともえがわら)、漆喰(しっくい)

主要部で使われる瓦

桟瓦(さんがわら)、けらば瓦

軒先で使われる瓦

軒先瓦

屋根の下地について

  屋根の下地として古くから杉皮が使われていましたが、現在はアスファルトルーフィングが主流となりました。

化粧屋根の構造

 化粧屋根は化粧スレートと棟包み板、棟押さえ板金、けらば水切りなどの金属製品で構成されます。下地はアスファルトルーフィングと野地板です。

瓦棒葺の構造

 瓦棒葺きの構成は、ふき板鋼板(ガルバニウム・トタン)、棟包み板、瓦棒(キャップ)、軒先は唐草になります。アスファルトルーフィングを敷いた上に心木をつけ葺いていきます。現在は心木がなく、鋼板で構成された心木なし瓦棒葺などが家屋に使われています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*