防災管理者の役割とは?その役割と資格取得について解説します

一般社団法人日本防火・防災協会は、平成25年4月1日に設立されました。

防火・防災に関する講習、民間防火・防災組織の育成振興など、防火・防災活動の推進、思想の普及を図ることにより、火災をはじめ、その他の災害による被害を軽減し、社会公共の福祉の増進に寄与することを目的としています。

この団体が発行している、防災管理者という資格が、なぜ今注目されているのか、その詳細を解説していきます。

防災管理者とは?

日本の消防法では、

「火災以外の災害で、地震や毒性物質の発散などによる、災害被害の軽減のために、特に必要のある建築物、その他の工作物の管理権限者は、防災管理者を定め、防災管理に関わる防災計画の作成、当該消防計画に基づく避難訓練の実施、その他防災管理上必要な業務を実施させなければならない」

としています。

少々言葉が難しいですが、ここに出てくる、「災害被害の軽減のために、防災管理者の選任が必要な建物」を管理するために、取得すべき資格が、「防災管理者」というものです。

それぞれを詳しく解説していきます。

防災管理者を選任すべき建物

防災管理者が必要な建物は、大規模建築物や高層建築物などの建物です。

これらを、「防災管理対象物」といいます。

細かい条件があり、一部紹介すると、

・地階を除く階数が4階以下で、延べ面積50000㎡以上の建物
・地階を除く階数が5階以上10階以下で、延べ面積20000㎡以上の建物
・地階を除く階数が11階以上で、延べ面積が10000㎡以上の建物

これらの要件は、自衛消防組織の設置を要する、防火対象物と同じ要件になっています。

防災管理者になるには?

この防災管理者になるためには、いくつかの要件が必要です。

・防災管理業務を適切に実行できる「管理的・監督的地位」であること
・防災管理業務を行う上で必要な知識・技能を持っている(防災管理講習修了、学識経験者など)
・甲種防火管理者としての資格を持っている(甲種防火管理者講習修了、学識経験者など)

基本的には、「防災管理者新規講習」を受講・修了して、資格を取得するか、一定の学識経験者は、「防災管理者新規講習」を受講しなくても資格を取得できます。

ただ、この学識経験者の要件があり、それらを紹介します。


・大学や高等専門学校で、総理大臣の指定している防災に関する学科・課程を修めて卒業し、かつ、1年以上の防火管理の実務経験があり、更に1年以上の防災管理の実務経験を持っている
・市町村の消防職員で、管理的・監督的な職に1年以上就いていた者
・労働安全衛生法第11条第1項に規定する安全管理者として選任された者
・防災管理点検資格者講習を受講・修了し、免状の交付を受けた者
・国もしくは都道府県の消防の事務に従事する職員で、1年以上の管理的・監督的な職に就いていた者
・建築主事または1級建築士の資格を持っている者で、1年以上の防火管理の実務経験と、1年以上の防災管理の実務経験がある者
・消防法第13条第3項に規定により危険物保安監督者として選任された者で、甲種危険物取扱者免状のある者
・鉱山保安法第22条第3項に規定する保安管理者として選任された者
・警察官やこれに準ずる警察職員で、3年以上の管理的・監督的な職についていた者
・市町村の消防団員で、3年以上の管理的・監督的な職についていた者
・消防庁長官が前記に準ずるものとして定める者

資格取得の流れ

「防災管理者」の資格取得のためには、防災管理講習を受講する必要があります。

講習について解説します。

まず、一般社団法人日本防火・防災協会のホームページを検索します。

そこで、講習会の開催日などの確認を行い、受講申し込みを行います。

受講料の支払い後、講習の準備を行い、講習日を迎えます。

防災管理新規受講は、1日約4時間半かけて受講行います。以下が、受講内容になります。

・防災管理の意義及び制度
・施設・設備の維持管理
・防災管理に係る訓練及び教育
・防火管理に係る消防計画など
・効果測定

この防災管理者の有効期間は、5年間になります。

更新するためには、決められた期間以内に、再講習を受講する必要があります。ただし、更新が必要なのは、防災管理者に選任されている方のみです。

まとめ

防災管理者について、その資格の内容や受講の流れについて、解説してきまいた。

防災管理者はお伝えした通り、自然災害の他にも、テロ災害などもその範囲となります。

めったに起きない災害ではありますが、いざという時に、力を発揮するために、様々なことを予測して、消防計画、避難訓練を実施する必要があります。

このような資格取得者がいるからこそ、多くの施設の安全が守られているのだと、知ることから、始めていきたいものです。

建築・不動産業界の新しい資格「自然災害調査士®」

自然災害調査士®
「自然災害調査士®」という資格を新設し、自然災害の被害を調査・鑑定するプロを育成しています。

昨今、頻繁に起こる自然災害による被害にまつわる問題を、専門的知識を持って適切な調査をする業務に従事する者(民間で活躍する自然災害家屋コンサルタント)としての位置づけを目的としております。 不動産会社、建築会社や工務店に勤務している方が多く取得しており、ご自身の業務に調査士の知識を役立てています。
資格
自然災害調査士®

コメント

タイトルとURLをコピーしました