防災意識と自然災害への備えは万全ですか?災害ごとに詳しく解説します!

防災

子供がいる家庭の防災とは。日ごろから心がけるべきポイントを紹介!

子どもがいる家庭において、防災という意識を高めるには、何をするといいでしょうか。たくさんの情報が入手できる現代において、平時の備え、シュミレーションはとても大切です。子どもを守るという、強い気持ちを持つために、何をしておけばいいでしょうか。
防災

一人一人が避難に備えた行動を!避難行動判定フローを活用しよう

避難が必要な時に、「いつ、どこに避難するのか」あらかじめ決めておくことが重要です。避難に備えた行動を、1人1人が事前に決めておくための、「避難行動判定フロー」を活用しよう。
防災

災害時の情報収集がより身近に?DiMAPSの多彩な機能をフル活用しよう!

統合災害情報システムにおいて、新しく加わった情報として、ヘリサットによる画像だ。これで、被害の全体像が一目瞭然に。今後発生が増加するであろう、自然災害において、私たち個人レベルでも情報収集できるシステムとして期待が高まる。
防災

進化するデジタルサイネージ。今後の防災活用方法に期待しよう!

近年、災害時の人命救助のために、注目されているのが、「デジタルサイネージ」システムの進化により、災害情報や避難情報などを発信できるようになっている。今後もさらに進化するであろう、デジタルサイネージについて紹介していく。
防災

「気候変動×防災」戦略とは?その概要と3つの戦略を解説します

年々激甚化、頻発化している自然災害。原因は気候変動にあると、世界中の有識者は警笛を鳴らす。日本においても、建前でなく本気の対策が必要なのではないか。先日発表された、「気候変動×防災」に関するメッセージを読み解いていきたい。
防災

先人が残した思いとは?自然災害伝承碑の役割と意味を知ろう

「此処より下に家を建てるな」岩手県宮古市重茂姉吉地区では、過去の二度にわたる大津波で、集落全滅の被害を受けました。その経験を後世に伝えるために建てられた、大津浪記念碑の一文ですが、これら先人の思いは、今を生きる私たちの意識にも刻まれていくべきでしょう。
防災

自分たちの身は自分たちで守る!自主防災組織の役割を知ろう

きめ細やかな防災活動は、日ごろから顔見知りの住民同士でこそ成り立つ活動です。そして、住民同士の助け合いこそが、何より災害時に、被害を最小限に抑えるポイントだ。これからの防災活動で大切な、自主防災組織の意義や役割を解説していく。
防災

災害弱者とは?過去の大災害から見る災害時の対策を紹介します

新型コロナウイルスに関するニュースが世界中を飛び交っている。このような状況の中で、災害が起きたらどうなるだろうか。特に災害弱者へは、どういう対策を講じることができるだろうか。これらら取り組むべき課題を考えていきたい。
防災

災害時の人権問題とは?現状と課題を知り、平時の備えを意識しよう

災害と人権は切り離せない関係にあります。そして、被災者支援への第一歩は、基本的人権に立ち返ること。東日本大震災、熊本地震では、多くの経験から、人権問題への対策や課題が見つかり、自治体、各家庭で、取組みが始まりました。災害時における人権の現状を確認し、私たちにできることを考えるきっかけにしたいものです。
防災

地震だ、津波だ、すぐ避難!津波フラッグに込められた意味を知ろう!

今年の夏、防災の取組みで、特に津波警報に関する取組みが進められます。それは、「津波フラッグ」の全国統一の取組み。赤白の格子模様のデザインを見たら、「地震だ、津波だ、すぐ避難!」という意味です。
タイトルとURLをコピーしました