自然災害

災害心理学とは?知っておくと役に立つ2つの具体例を紹介します

正常性バイアス、心的外傷後ストレス障害、心的外傷、災害心理学で学ぶ専門的な用語。災害のストレスや心理変化による自殺など、災害心理学を学ぶことで、このような二次災害の防止に役立ちます。
自然災害

災害救助犬とは?災害救助における日本の現実と課題を紹介します!

日本において災害救助犬の活躍を見たのは、1995年の阪神大震災において活躍した、スイス隊、フランス隊の被災者捜索活動でしょうか。その後、日本においても本格的な育成が始まった、災害救助犬についてご紹介していきましょう。
自然災害

災害対策本部の主な5つ役割とは?今後の課題も踏まえ紹介します

災害が発生した場合には、誰かがリーダーシップを発揮して、その対応を行う必要がある。そんな災害対応をするために、臨時で設置される組織が、災害対策本部。この災害対策本部の、役割、これからの課題を紹介する。
自然災害

災害医療とは?災害大国日本を支える組織の現状と課題を紹介します

阪神・淡路大震災、東日本大震災、西日本豪雨など、災害時に多くの命を救う災害医療。この災害医療はどのように発足したのか、日本で活躍する機関を例に、その現状を見てみよう。
自然災害

災害救助法とは?具体的支援とその適応基準を知っておきましょう

大きな災害が起きたとき、仮設住宅が建てられ、救援物資が届き、様々な支援が行われます。これは一体誰がお金を出し、整備をしているのでしょう。このような時に適応される、災害救助法の概要を知り、いざという時でも慌てることないように備えておきましょう。
防災

災害拠点病院とは?災害時の大切な役割と今後の課題を紹介します。

災害時における、地域医療サービスの最後の砦である、災害拠点病院。過去の大災害をきっかけに設置され、今もなお課題を解決しながら、その役割をしっかりとしている現状をたくさんの人にお伝えしたい。
防災

災害大国日本を支える災害対策基本法とは?近年の改定まで詳しく紹介!

災害が頻発する日本において、災害関連の法律は数多く存在しています。災害予防のため、いざ起きたときの応急について、そして復旧・復興のため。これらの法律のもととなるのが、災害対策基本法です。6つの要素と共に、詳しく紹介していきましょう。
自然災害

復旧が長期化する複合災害。過去の事例から学べる4つの対策を紹介!

日本における複合災害の代表は、古くは1953年の台風13号、59年の伊勢湾台風高潮災害。複合被害が、復興までの時間が長くかかることから、できるだけ最小の被害で抑えるために、様々な対策を講じておくべきだ。過去の災害から、どのような対策を講じるべきか、学んでいきたい。
自然災害

地震の予兆?地震雲?適切な行動をとるために、正しい知識を得よう

地震が起きるたびにツイートされる、地震の予兆だと言われる地震雲。気象庁は、雲は地震の前兆にはならないと、地震雲の存在そのものを否定しています。正しい行動をするためにも、正しい情報を得ることがとても大切です。ネットを賑わす地震雲について、チェックしておきましょう。
火災保険

火災保険の請求は、修理後でも大丈夫?請求方法について詳しく知ろう

自然災害に備えるには、しっかりとした保険の加入が大切。また、請求の方法も、抑えておいたほうがいいポイントも多い。災害の後には、その生活の立て直しや修理など慌ただしくなるため、火災保険の請求方法はあらかじめチェックしておきましょう。
タイトルとURLをコピーしました