自然災害調査士

自然災害調査士とは

不動産でしたら不動産鑑定士、骨董や絵画でしたら美術鑑定士など、資産や物の価値を見定める資格があり、他にも古民家鑑定士、米・食味鑑定士や相続鑑定士など、新しい鑑定士の資格も年々新設されています。 資格を取得すれば、その分野の専門家として...
火災保険

火災保険に入らないと大惨事に?火災保険の必要性をトコトン解説!

統計によると、1日に約30件住宅火災が起きているとのこと。この数字を見ると、決して人ごとと思えません。また、豪雨の発生件数もここ30年で約2倍に。火災保険に入らないことが大きなデメリットとなるこれからの時代に、その必要性を説いていきたい。
火災保険

とても大切な火災保険の建物評価額。算出方法をわかりやすく解説します

「時価」「新価」「新築費単価法」「年次別指数法」火災保険には、いろいろな専門用語が使われます。しかし、それぞれの意味が分かれば、火災保険も簡単に理解できます。いざという時に、きちんと使える保険にするために、しっかりと基礎を学ぼう。
火災保険

雷による被害を火災保険でカバーするために、大切な2つのポイント

気象庁のホームページには、落雷の検知数が載っています。それだけ落雷は、被害にあう頻度が高いものですが、それは年々さらに増加傾向です。その雷による被害も、火災保険でカバーできることを知っていますか?この記事で、火災保険の知識を深めましょう。
火災保険

火災保険の雪災が対象にならないケースは?雪の損害別に解説しましょう

日本の国土の、実に半分以上は豪雪地帯。人口の約15%は、その地域で暮らしている。大雪や雪崩による事故や、建物の被害は毎年起きています。そんな中、火災保険はどう使われるのか、しっかり学んでいきましょう。
火災保険

火災保険の水災補償は必要?補償内容と支払い要件を解説します

火災、風災、ひょう災、雪災、破裂・爆発、盗難・水漏れなど、火災保険における補償内容は多岐にわたります。水災はその中の1つです。火災保険における水災補償とは何か、焦点を絞って勉強してみましょう。
火災保険

再調達価格とは?火災保険で損しないように、評価方法をチェックしよう

火災保険を考えるにあたって、建物の評価方法を適切に決めることは、正しく保険金を受け取れるかどうか、重要なポイントです。複雑だと思われがちですが、いたってシンプルな考え方です。その基礎を学んでいきましょう。
火災保険

火災保険の払過ぎに注意!保険料を抑える3つのポイントをチェック!

自分に合った補償内容、適正な保険料で、火災保険の契約をしている人は、どれくらいいるでしょう?内容が分からないと、保険料を払いすぎていませんか?大切な保険ですが、適切に加入することはもっと大切です。自分に合った火災保険を選べるように、基礎から学ぼう。
火災保険

正しい火災保険の選び方とは?簡単3ステップで無駄のない補償を!

火災保険の正しい選び方は、あまり教えてもらえません。いきなりプランを見せられても、選択のしようがないというのが正直なところ。いざという時に使えないという後悔をしないためにも、不安を安心に変えるための、火災保険の基礎知識を身につけよう。
火災保険

火災保険を使うデメリットって?火災保険の基礎知識をチェックしよう

「火災保険は何度でも使用可能」「火災保険は利用しても保険料は上がらない」「全損になると契約終了」「火災保険の補償範囲は広い」意外と知られていない、火災保険の基礎知識を一緒に学びましょう。料金改定も予定されている、火災保険の仕組は、自然災害の備えとして必須の知識となります。
火災保険

火災保険の途中解約は注意して!正しい知識をもって災害に備えよう

保険の解約において、メリットデメリットを把握することは、とても重要です。自然災害が増えるこれから、火災保険の内容確認は必須で、その際解約することもあり得るでしょう。正しい知識をもって、手続することをお勧めします。
タイトルとURLをコピーしました