自然災害調査士

自然災害調査士とは

不動産でしたら不動産鑑定士、骨董や絵画でしたら美術鑑定士など、資産や物の価値を見定める資格があり、他にも古民家鑑定士、米・食味鑑定士や相続鑑定士など、新しい鑑定士の資格も年々新設されています。 資格を取得すれば、その分野の専門家として...
自然災害

避難情報の変更でどう変わる?私たちに求められる意識改革とは?

「命を守る行動を!」昨年はこの言葉が多く見られました。しかし、このような言葉による注意喚起に、慣れてしまうという事実は否めません。過去の災害の経験をどう生かすか、今回の避難情報の変更を受けて、私たちが考えるべき事をまとめてみました。
自然災害

災害関連死の実態。私たちにできる4つの予防法を紹介します

災害関連死という言葉を聞いたことがあるでしょうか?災害弔慰金との関係から、その認定要件について議論が交わされている。しかし、なんとしても防ぎたいこの災害関連死について、私たちにできることはないか?4つのポイントともに解説していきたい。
自然災害

災害ケースマネジメントを制度化へ。過去のケースから詳しく知ろう

「本当にどうしていいかわからない時に、尋ねてきてくれて本当に助かった。」災害ケースマネジメントは、このように一人ひとりに目を向けて被災者を助けることができる支援策だ。制度化へ向けたこれまでの動きを、詳しくまとめています。
自然災害

災害を陰で支える大きな存在。災害支援ナースについて紹介します

これまで日本においては、多くの災害が発生し、その困難を乗り越えてきました。その裏には、被災者、またはその家族のケアを丁寧に行った、「災害支援ナース」の存在があったことをご存じですか?私たちの知らないところで日本を支える、災害支援ナースについて、理解を深めましょう。
自然災害

令和に発生した豪雨災害。大きな被害を受けた3事例を紹介します

梅雨前線、線状降水帯、集中豪雨、雨にまつわる災害が増えている日本において、多くの被害が起きている現状をご存じでしょうか。今後も発生するであろうこのような災害に対し、過去の事実を知ることは大切です。令和に起きた3災害から、学べるものはあるでしょうか。
自然災害

変わりゆく脅威にどう立ち向かう?災害ロボットの可能性を知ろう

災害ロボットの研究過程で開発された技術は、国内外の様々なサービスを、高度化することに役立っているという。災害ロボットが、今後どう私たちの日常の経済活動の中で、役立っていくのか、災害ロボットの現状とこれからについて、解説していきたい。
火災保険

火災保険の免責金額とは?設定する際の2つのポイントを紹介します

保険という商品には、必ず「免責」という文言がついてきます。その意味をきちんとしている人は、どれくらいいるでしょうか?補償する内容においても、支払う保険料においても、重要なポイントとなる「免責」火災保険の基礎知識として、知っておきましょう。
防災

被災者台帳の可能性とは?まだ導入してない団体へ伝えたいメリット

災害大国日本にとって、被災者の救援は、日本の、県の、市町村の義務ともいえます。パニックになる災害現場において、公共団体と被災者それぞれが、どうスムーズに与え、受けることができるか、大きな課題となります。それを可能にするのが、被災者台帳詳細について解説していきます。
防災

災害レジリエンスとは?日本の今後の災害対策を考えてみよう

2011年に発生した東日本大震災。地震、原発事故による災害に見舞われた中、暴動やヒステリックを起こさず、復興に力を注ぐ日本人の姿は、世界中から多くの称賛を浴びた。これこそ、災害レジリエンス。より強い日本を作るために、改めて災害レジリエンスを見つめなおしたい。
火災保険

火災保険は経費計上できる?基本的な考え方を知り、適正な納税を!

「火災保険を経費計上できるか?」火災保険に限らず、その他の保険も同様ですが、基本的な考え方をマスターすれば、その仕訳方法は簡単です。正しく節税するためにも、基本的な考え方を知っておきましょう。
タイトルとURLをコピーしました