自然災害調査士

自然災害調査士とは

不動産でしたら不動産鑑定士、骨董や絵画でしたら美術鑑定士など、資産や物の価値を見定める資格があり、他にも古民家鑑定士、米・食味鑑定士や相続鑑定士など、新しい鑑定士の資格も年々新設されています。 資格を取得すれば、その分野の専門家として...
防災

逃げ地図とは?込められた想いと可能性を知り 防災意識を高めよう

地図、色鉛筆、紐があれば、簡単に作成可能な逃げ地図。この逃げ地図に秘められた、防災についての可能性を、ぜひとも知ってもらいたい。自らの命を守るためには、防災意識を高めることが、何より重要だ。
防災

これらの防災体制に必要不可欠。ISUTチームの行動体制を知ろう

「役立つ情報を、より早く」国のISUTチームが、災害において活躍している。災害情報を地図化して、災害現場の迅速な行動判断を促す。情報が大切なこれからの時代に、なくてならないISUTチーム。今後の活躍に期待が高まる。
防災

災害時外国人情報支援コーディネーターの役割と実例を紹介します

「おもてなし」の国、日本。平時ではもちろん、有事の際でも、人を思いやる心は忘れてはいけない。外国人が被災した時の対応や体制について、国を挙げて取り組んでいる制度を紹介していく。
防災

Lアラートとは?災害情報をより迅速、確実にできる仕組みを知ろう

Jアラートは、聞いたことがありますが、Lアラートとは、聞いたことがない人が多いはず。災害時、地域住民にとって欠かすことのできない、この情報システム。その概要を知り、防災意識を高めよう。
防災

とるべき行動に必要な情報とは?防災気象情報を詳しく解説します

防災の三つの柱、「公助」「共助」「自助」私たちの防災に対する意識は、日々高めていく必要があります。「自助」が、防災の要となってくるために、必要な情報をどう入手すべきか、考えていきましょう。
防災

防災と人工知能の関係とは?すでに始まっている活用方法を知ろう

人工知能は私たちの生活の中に、日々、入り込んできている。この人工知能の能力が、いよいよ防災、減災にも活用されだした。防災による人工知能の活用を知り、より効率的な防災を心掛けたい。
防災

「おもてなしの国」日本の外国人への災害支援、3つの取組を紹介

災害時、どう被害を最小限に食い止めるかは、「共助」にある。多くの外国人がいる日本において、言葉の壁、伝達ツールなど、多くの課題を果たしていくことが、日本は安心な国という信頼にもつながる。私たち日本人は、普段から何を意識すべきか、その答えも伝えていきたい。
防災

子供がいる家庭の防災とは。日ごろから心がけるべきポイントを紹介!

子どもがいる家庭において、防災という意識を高めるには、何をするといいでしょうか。たくさんの情報が入手できる現代において、平時の備え、シュミレーションはとても大切です。子どもを守るという、強い気持ちを持つために、何をしておけばいいでしょうか。
防災

一人一人が避難に備えた行動を!避難行動判定フローを活用しよう

避難が必要な時に、「いつ、どこに避難するのか」あらかじめ決めておくことが重要です。避難に備えた行動を、1人1人が事前に決めておくための、「避難行動判定フロー」を活用しよう。
自然災害

今後の大規模災害対応に期待大!緊急災害対策派遣隊を紹介します

日本において、10の地方整備局と各市町村が、大規模災害時に連携を取ります。実際に活動するのが、緊急対策派遣隊、いわゆるTEC-FORCEの隊員です。高い評価を受ける彼らの活動を、知ると共に、私たちの防災意識の向上に役立てたい。
タイトルとURLをコピーしました